トップページ > 買取りと下取り、どっちがいい?

買取りと下取り、どっちがいい?

バイクを売る方法には幾つかありますが、よく比較されるのが買取りと下取りですよね。買取りと下取りでは、一体何がどう違うのでしょうか。また、どっちの方が高く売れるでしょうか?

まず、中古のバイクを単純に引き取ってもらい、現金に換える事を買取りといいます。一方下取りとは、古いバイクを処分して次に新しいバイクを買う事を前提に、古いバイクを引き取ってもらう事を言います。この場合は現金にしてもらうのではなく、引き取ったバイクの価値を新しいバイクの値段から差し引いてもらう形をとります。

買取りの場合、中古バイク買取査定のプロが一定の基準に沿ってスムーズに値を付けるので素早く値段がつき、すぐに現金化できるという点です。そして、きちんとした業者の中古バイク買取査定であれば極端な値段がつくような事はなく、基本的に全国的なオークションの市場価格を参考にした買い取り価格となります。ですから、地方によって値段が変わってくるといった事もありません。

買取りと下取り、どちらがよいかという話になると、少し複雑ですが、基本的に新しいバイクを買う、つまり買い替えるつもりがないのなら中古バイク買取査定の方が高めに売れる事が多いようです。しかし、買い替えをするつもりなら、下取りの方がよい場合もあります。一般的には下取り価格は買取り価格よりも高くなる事も多いからです。それを条件に、新しいバイクの方を少しでも高く買ってもらうためです。しかし場合によっては逆になる場合もあります。買取り価格と下取り価格を教えてもらい、これらを比較して考えた方が間違いのない選択ができるようになるでしょう。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 中古のYAMAHA(ヤマハ)バイクの買取査定 All Rights Reserved.